「稼ぐ」より「儲ける」!衝撃的な気付き!

こんにちは!クレイジーアフィリエイターのRoadです!
名古屋では、雪がチラつくぐらい寒いですが、いかがお過ごしですか?^^

今日もマインド的なお話。
まぁ、これは真っ当な話なので共感してくださる人はいると思います。
僕にとってすごく大きな気づきでしたので、シェアしたいと思います。


(c) .foto project

僕って、アフィリエイトをやってきて、いつも「稼ぐ」という言葉を使ってきました。
似たような言葉で「儲ける」という言葉があります。
けど、僕はあえて「稼ぐ」という言葉を使ってきました。
だって、なんだか「儲ける」とかって胡散臭かったり、何もせずにおかねを得たりするイメージがありますから。
あと、イヤラシイ言葉というイメージもあります。

「稼ぐ」と「儲ける」の違いって?

で、今日、とある事情でめっちゃ落ち込んでいたんですが(笑)
ふと、「稼ぐ」と「儲ける」ってどう違うのだろう?ってググってみました。
いろいろな意見があるのですが、僕の中でこんな違いを見出しました。

「稼ぐ」…労働者思考。自分の労働の対価にお金をもらうこと。
「儲ける」…事業者・経営者思考。自分以外の人やお金でお金を生み出すこと。

ふむふむ、じゃあ、儲けるでいいんじゃない?
ていうか、本当は儲けたいんじゃないの?
お金をもらうことに罪悪感がちょっと残っていたのかもしれません。
いろいろな本で、罪悪感は持っちゃあいけないって書いてあったんですけどね(笑)

「儲ける」の深い意味!

で、こっからが素晴らしい気づき。
もっとググっていたら、こんなページに辿り着きました。

若い不動産屋の社長さんのアメブロの記事なのですが。

【「稼ぐ」と「儲ける」の違い】 むすびや不動産の社長の考え

読んでだら、衝撃的でした。
だって、「儲ける」って「信じる者」と書くんですよ?
つまり、ファンを作ること!

ははぁ、この考え忘れていたなぁ。
初めて色彩検定の攻略サイトを作った時は、とてもうまくいったんです。
アクセスも多かったですし、ヤフカテにも登録されました。
ていうか、ファンの人もいたみたいで、ヤフカテに推薦してくれようとしてくれた人もいたのです。
実際に、ファンメールも来たりしました。
感謝感謝でした。
(あまり書くと自慢みたいで鼻持ちならないですね(笑)単なる過去の武勇伝です^^)

といっても、収益はありませんでしたが(笑)
まだ未熟だったのもあります。

けど、そういうことなのかもしれない。
ファンがついてくれるようなサイトを作らなきゃね。
Googleもそういうサイトを上位表示するようになるはずですし。

というわけで、まずはこのブログから実践ですかな?(笑)

今回のまとめ!

今回の記事はいかがでしたか?
なんか上手くいかない時って、天からの気付き待ちだったりするって本で読んだ気がします。
だとしたら、これがターニングポイントか??(笑)

あなたのサイトにもファンがつきますように♪

では、またお会いしましょう♪

コメント

  1. Gメン より:

    お久しぶりです ROADさん Gメンです。

    なんやら最近では資金繰りで苦戦しているようですが・・・
    いったいどうされたのでしょうか?

    あの絶好調はどこへいったのでしょう。
    ペンギン・パンダなのでしょうか?

    私は月5万売り上げから月3万売り上げに落ち込んで相変わらず
    ノウハウ探しています。

  2. Road より:

    Gメンさん、お久しぶりです1
    ご心配おかけしています>
    しかし、もう絶好調ですから大丈夫ですよ♪

    Gメンさんは、3万円も儲けていてスゴイですね☆
    ノウハウですか…今度今僕が試している方法を記事にしてみようかな…
    試作中の試作ですが(笑)

タイトルとURLをコピーしました