相互リンクに関する仮説の考察。

書籍おはようございます!絶好調のアフィリエイト王Roadです。
いかがおすごしですか?

ていうか、今朝は本当に絶好調です。
朝からFXが4件売れてました!嬉しいです♪

それはいいとして。
今回は「相互リンクの仮説」をテーマにお送りします。
Road流の解釈で相互リンクに迫ります!
では、いってみましょ♪

やっぱりアフィリエイト王ともなると相互リンクの依頼がかなりきます。
今まではちゃんと応対していたのですが、ちょっと??と思うようになりました。

それは、「テーマの違うサイトと相互リンクしてもメリットないんじゃない?」って思ったから。

今の検索エンジンが好むサイトは「専門化」。
で、違うジャンルのサイトへの相互リンクが増えると
違うテーマのサイトへのリンクページが増える。

つまり、検索エンジンから見た目の「サイトの専門性」が薄くなる。
これはSEO上不利になると考えられます。

けど、同ジャンルなら、サイトの専門性も高くなる。
同ジャンルのサイトへの相互リンクページが増える。

だとすれば、検索エンジンも評価するのではないでしょうか?
(専門ページが多いという理由で)

被リンクに関しては、ジャンルはあまり関係ないと思います。
(同ジャンルの方が評価は高いでしょうから)

だって、被リンクは基本的に運営者が操作できないから。
被リンクのスパム判定が厳しいと、
それを狙ってライバルサイトへ被リンクをする輩も出るでしょう(笑)

同様の理由で被リンクスピードもそんなに気にしなくていいと思います。
だって、ニュース性のあるサイトは、一気に被リンクが集まりますから。

ただ、同一ドメインからの被リンクが不自然だとマイナス判定するのかも。
(もちろん、僕が検索エンジンだったらとしてね(笑))

あと、Yahoo!(YST)のSEOの本を読んでいて思いました。
Google向けのSEOをするとユーザーの目から見て不自然なサイトになるな~と。
「○○ 評判」とかのキーワードを羅列するわけで…。
普通なら「○○の評判」「○○の評判は?」などの自然なタイトルになるはずです。

YSTって、自然な体裁のサイトを評価するみたいですね。
だから、Yahoo!で上位表示しにくいんですね。
ていうか、Yahoo!は、検索精度を犠牲にしてまで、
ナチュラルなサイトを評価しているようにも見えます。

(いいのか悪いのかはよくわかりませんが…)

でも、この動きはGoogleにも入ってくる気がします。
根拠はありません(笑)
ただ、ユーザーよりのサイトを作るとなると、
GoogleSEOはちょっと違うなと思いますから。

というわけで、相互リンクや被リンクに関する考察をお送りましました。
あなたはどう思いましたか?

あくまでRoadが検索エンジンだったら?という観点で書いているので
内容は保証しませんよ(笑)

では、またお会いしましょう♪

コメント

  1. ramwam より:

    本題と関係ないですけど、

    Road兄のブログはかっこいいなーー

  2. Road より:

    @ramwam

    本当に本題と関係ないね(笑)
    カッコイイよね~。

    けど、最近は飽き始めて他のに移行しているよ。
    作者は一緒だったりするけど^^

    ワードプレスに乗り換えちゃったら?? 😉

タイトルとURLをコピーしました