Road流文章構築術 その123

IMGP0489おはようございます!絶好調の世界最強アフィリエイターのRoadです。
水曜日の朝、いかがお過ごしですか?

昨日はアフィリエイト会でした。
土曜日はK’さんとオフ会だったし、なんとも贅沢です(笑)
リアルのアフィリエイト仲間がいるのもなんとも幸せです。
Roadって幸せモンってことですな♪

で、昨日はとあるサイトの企画とページリスト作り、内容を煮詰めました。

そして、文章の書き方もちょっとRoad流を試してもらいました。

やり方は簡単。
記事で伝えたい項目をまず並べるというモノ。
それから肉付けをしていくんです。

弟子君の彼は「慣れが必要だけど、やりやすい」と言ってくれました。
おおむね好評だったので、文章の苦手な人はぜひ試してみて欲しいモノです。

僕の場合、1記事に5項目程度までかな。
その項目を使って話をふくらませていくんです。

こうすると、詰め込めすぎを防げるし、
なによりもページリストにしたときに全体を把握しやすいですよ。

例えば…

■コーナー「中古パソコンのメリット」
 ・「中古パソコンは、安い」(記事タイトル)
   あたりまえ(笑)
   けど、意外と安くない場合も
   定価で考えると10分の1の時も
 ・「中古パソコンは、エコ」
   中古つまりリサイクル
   時代の流れにあっている
   企業に導入した場合、イメージアップ
 ・「中古パソコンは、壊れにくい」
   企業向けの製品が多い
   堅牢性が高い
   今のコスト重視の製品よりも持ちがいい

―――こんな感じです。
どうでしょう?
はじめにこんな風にページをリスト化して、書く内容が決めちゃうんです。
そうすれば、全体を把握できるし、書くときもとっかかりやすい。

あなたも1回試してみてくださいね!
超快適☆中古パソコンの時もこれで100ページ以上を書き上げました。
割と速いペースで書くことができましたよ♪

ていうか、記事の内容って意外と薄いモンですよね。
項目を使って書いていくと実感します。

でも、それがいけないワケじゃないんです。
それくらいがちょうどいいんです。
それ以上詰め込むと一方的に説明する感じになっちゃうんです。

だって、そうじゃないですか。
セールスマンだって、製品の話ばかりされたらこっちが疲れます。
(買う気満々ならいいですけど)
ちょっとくらいは世間話やこっちのことも気にかけて欲しいモノですよね。

そんなこと言ってもそんなに話を膨らませない??
うーん、そりゃまだ勉強不足ですね。
だって、たとえ話や擬音、導入部に気を配ったら1ページなんてあっという間です。
大丈夫大丈夫。
そんなヒマあったら、人の文章を研究してみてくださいね(笑)

まずは、文章を項目にしてみてください。
話はそれからです。

では♪
    

コメント

タイトルとURLをコピーしました