Yahoo!対策に対する考察に対する考察。(; ̄ー ̄)…ン??

寒いからお布団から抜け出せないRoadです(笑)
雪が降りましたからねぇ。今日の名古屋は。

そんなことはいいとして。

最近Yahoo!対策にちょっとだけ力を入れようかなと思っています。
(弱いなぁ(笑))

だって、Googleの順位だけで一喜一憂もねぇ。
常にリスクヘッジは考えていないと。

で、先ほどヒントになるページを見つけました。

そのヒントになるページとは??

「Yahoo!検索」本家のページです(笑)
意外と本家ページってそういう情報はあるんですよね。
スパムが増えないようにという意図もあるのかな?

では、一つ一つ紹介していきましょう。


Yahoo!検索コンテンツ品質ガイドライン

引用するとこんな事が書いてあります。

オリジナリティーや独自性のある内容を持つウェブページ。
・インターネット利用者を第一の対象として設計されたウェブページ。
外部へのリンクを設置している場合には、そのリンク先のウェブページがリンク元のウェブページの内容と関連性があること。あるいは、関連する内容を喚起させるリンクであること。
・タイトルやディスクリプションなどのメタデータ(HTMLののなかの記述)で、ウェブページの内容が適切に記述されているウェブページ。
・わかりやすくデザインされているウェブページ。

とても興味深いですよね。

Yahoo!はオリジナリティーを求めているんです。
(ヤフカテでわかりますよね)
これはいいことを知りました(笑)

あとは、外部リンクは、関連性があること。
当たり前といえば当たり前ですが…相互リンクは気をつけなければですねf(^ー^;

Yahoo!の傾向がこれで掴めました。


検索結果でウェブページの表示順序を上げるには

またまたYahoo!検索の公式サイトから引用です。
(著作権に引っかかりませんよね?(笑))

全体 あなたのサイトのウェブページにある情報を探しているインターネット利用者が、検索時に使うキーワードを想定し、サイトのタイトルや本文に含めます。
タイトル <title><meta>タグを使って、興味を引き、かつウェブページの内容にふさわしいタイトルを付けます。
サイトの説明文 メタタグ(<meta name="description">)を使って、サイトの説明文を正確に記載します。興味を引き、かつウェブページの内容にふさわしい説明にしましょう。
キーワード メタタグ(<meta name="keywords">)を使い、ウェブページに関連するキーワードをリストアップします。サイト全体に当てはまるキーワードよりも、ウェブページ固有のキーワードをそれぞれ記載するとよいでしょう。
リンク ウェブページ内には、それぞれの内容に関連したテキストリンクを設置します。
文字列が画像ファイルで表されていると、クローラーが正しく認識できない場合があります。また、イメージマップで設定されたリンクはクローラーが巡回しない場合があります。すべてのウェブページをクローラーが巡回できるようにトップページにサイトマップのリンクを設置することをおすすめします。
画像 alt属性でテキストを指定します。
関連するウェブページとのリンク 関連サイトの管理者やコンテンツ提供者を通じて、関連するウェブページとのリンク数を増やします。
ただし、リンク数を増やす目的で関連性のないウェブページとのリンクを増やす行為は「検索エンジンスパム」とみなされるため、表示順序が上がることはありません。

教科書的なコメントですねf(^ー^;

でも、一番最後が興味深いです。
やっぱり関連のあるテーマのサイトからの被リンクじゃないと評価はしないって事ですね。
Yahoo!は、想像以上に外部リンクを評価するのかもしれませんね。

☆★☆ まとめ ☆★☆

SEOを考える前に公式サイトをチェックせよ!ってことですね。
Yahoo!検索公式サイトには他にも為になる情報が載っていました。
ぜひチェックしてみてくださいね!
プロのアフィリエイターなら絶対です!(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました